メニュー

コインチェック

クリプトピアの顧客資産、どうやら返金するらしい

返金までの流れと今後の予定

2020年09月29日

クリプトピア

目 次
裁判所の見解
返金までの流れと時期
次のステップ
まとめ

こんにちは。

2019年1月にハッキング被害により破産に追い込まれたニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopia(クリプトピア) の最新情報がアップされました。

Cryptopia
※Grant Thornton

報告書内容はユーザーからのQ&Aについてまとめたものです。

大まかな内容は以下の通りです。






裁判所の見解

裁判所は各々の資産は所有者(ユーザー)に権利があるため、 法定通貨ではなく可能な限り仮想通貨(暗号資産)での返金を指示しています。

※清算人はその方向で進めているようです。



返金までの流れと時期

請求プロセスはオンライン専用ページを通して行われますが、まだプロセスが確立できていません。

ハッキングの原因がわかっていない以上、元々あったクリプトピアページを開くことができないため、 安全なサイトを再構築して顧客データベースを元に資産(通貨)を復元しなければいけません。

※簡易的な取引所モドキのようなサイトを構築しているものと思われます。 90万以上のアクティブユーザーと、最大900の通貨が存在するのでその調整に時間がかかっていると言っています。

KYC認証無しに返金することはできません。

現時点ではまだ請求を受け付ける準備ができていませんが、 申請は2020年末まで開始できるよう進めており、 連絡はクリプトピアに登録していたメールアドレスを使って行います。



次のステップ

顧客資産の配布モデルを完成させることですが、 いくら返金するかはまだ未定です。

決定には裁判所の指示が必要になります。



まとめ

年末までにユーザーがなんらかのアクションをとれるよう進めているようです。

返金額についてはまだ不明ですが、KYC認証(本人確認)ができれば仮想通貨(暗号資産)で 返金(おそらく全額ではない)するみたいなので期待しても良いのではないでしょうか。

10ETH預けていた人は5ETH(適当な数字です)だけ戻ってくるみたいな感じですかね。


まだ確定事項ではないので何とも言えませんが、とりあえず年末まで待ってみましょう。


閲覧ありがとうございました。


※関連記事

2020年12月18日
クリプトピア

資産の返金はあるのか?


ハッキングされたCryptopia(クリプトピア)の清算レポート(2019年12月最新情報)。

もっと読む
    
2019年06月14日
懸賞金

まさかの展開?


ニュージーランドの仮想通貨取引所クリプトピア買収の噂についてご紹介します。

もっと読む